ぽたリンの日記

自転車、自転車工具、北欧グッズでゆったりライフスタイルについての話題です!

超軽量おりたたみ自転車の選び方★本気で輪行したくなる本命3台はズバリ★コレ♪ 

超軽量・折りたたみ自転車選びって難しくないですか?

青春18きっぶを買って好きな街をポタリングする! 新幹線で京都に行ってお気に入りスポットを自転車で見て回る。そんな素敵な旅のアイディアはあっても実際に立ちはだかるのが実際の自転車選びです。 自転車は10kgの軽さを超えると折りたたみ自転車・ロードバイク共に各部品に軽量パーツを使う仕様になり、チタンのボルトが数千もしちゃったりします。 ともかく軽量パーツを組み込んだ自転車を作るには、すごいお金の投資が必要にるんですネ。

マニアじゃない人向け軽量自転車の選び方

マニアの人は軽~いパーツが仮に3万円しても大事な宝石のような気持ちになれて幸せに自転車に投資できちゃいますが、ともかく軽量自転車マニアじゃないけど折りたたみ自転車の「軽量化」にこだわりたい!って言う方は多いと思います。

予算は軽め!(10万円以下)重量は10kg以下の折りたたみ自転車を探す♪

超軽量折りたたみ自転車選びの難しさは10kgを切ると少量生産・軽量部品のコスト高により予算などお構いなしに価格帯がマニアの領域に入ってしまうことです。 実際にマニアになってしまえば、それはそれで、趣味としてイイのですが、例えば家族3人分3台揃えると言った場合やはり予算の制限が出てきます。 

【夫婦2人分(2台)購入して電車旅行出来る自転車】

そんなイメージで選んでみました!

3.5万円以下!のお勧め超軽量 FIAT AL-FDB140 Mobilly 

まずおすすめ!が重量8.5kgのFIAT AL-FDB140 Mobillyです。驚きの価格と軽さを兼ね備えたお勧めの一台で、 【夫婦2人分(2台)購入して輪行旅行出来る自転車】

にピッタリの自転車です。 

 

f:id:bikehand:20160503225748j:plain

最軽量モデルの8.5kg(ペダル/スタンド省く) 防錆チェーン/ステンレススポーク/スリックタイヤなどを採用し細部までこだわったコンパクトバイク、アルミ製で小さく軽くが実現、レバーで簡単に折りたため片手で簡単に持ち運べます。

f:id:bikehand:20160503225749j:plain

store.shopping.yahoo.co.jp

 

f:id:bikehand:20160503225750j:plain

5万円台ならお勧め超軽量・折りたたみ自転車RENAULT ULTRALIGHT7

ウルトラ7と言うネーミングから分かる通り、軽量化をさらに追求した一台です。重量7.4kg(ペダル/スタンド省く)とFIAT AL-FDB140 Mobillyよりさらに1.1kg軽めの設計です。輪行で、駅などで持ち運ぶ時1.1kgの差は大きいのではないでしょうか?  走行性もUPされ、ギア比が大きい事が赤い大き目のギアで分かります。

輪行の回数が多い場合はULTRALIGHT 7,普段使いが多い場合、又家族で2台買いの場合はFIAT AL-FDB140 Mobillyが超お勧め!です。

 

f:id:bikehand:20160503233842j:plain

f:id:bikehand:20160503233844j:plain

 

store.shopping.yahoo.co.jp

 

f:id:bikehand:20160503233843j:plain

16インチの優れものGORDINI AL-FDB160 Lumie

次のお勧めは6万円台!の超軽量折りたたみ自転車(9.5kg)GORDINI AL-FDB160 Lumieです。 こちらの仕様はアルミフレーム採用、軽量(9.5kg)な16インチ折りたたみ自転車。トラブルの少ないベルトドライブ載!輪行に便利折りたたみ右ペダル!を装備していることがポイントです。

注目のベルトドライブですが、最大のメリットとして、チェーンが急に外れたという事がなくなり,漕ぎだしが滑らか、音が静か、また漕ぐ力がダイレクトに伝わると言うメリットがあり大人気! 少し大き目、重量重めでも走行性をよりUPしたい場合お勧めの一台です。

 

f:id:bikehand:20160503235821j:plain

store.shopping.yahoo.co.jp

 

f:id:bikehand:20160503235825j:plain

f:id:bikehand:20160503235828j:plain

 

10万円以下超軽量自転車3兄弟の楽しみ方

元々超軽量の自転車ですが、現状の状態をペダルの交換、サドルの軽量化など個々のパーツをさらに軽量化していくと今の重量をさらに軽くする【マニア的な遊び】も楽しめる超おすすめ3台でした。